銀行間取引

 

銀行間取引は、銀行と銀行で行われる取引になり、短期資金の貸借が行われている禁輸市場というものと、世界中の通貨の売買取引による為替取引を行なっている外国為替市場の二つがあります。
わたしたちが身近に行うことができる投資取引では、おなじみの良い口コミが多いハイローオーストラリアや、FXでの取引などで利用される外国為替市場がこうした銀行間取引が行われている市場ということになるのです。

外国為替市場では、さまざまな取引が行われていますが、銀行と銀行との間で行われる取引と、銀行と企業が行うと取引とに分かれています。
このうちの銀行間で行われている取引が、その名の通りに銀行間取引となり、外国為替市場で行われている為替取引の大部分を占めるものになり、インターバンク市場とも呼ばれています。

銀行間取引で行われている為替の取引は、その取引量がとても大きなものとなっており、また、市場に参加することが出来るものも、世界にある金融機関、銀行に限定されているという特徴があります。


外国為替市場では、こうした銀行間取引の取引量が全体の8割ほどを占めており、それ以外の銀行と企業の取引が残りの取引量となっています。

わたしたちがFXなどで取引を行う場合には、この外国為替市場のうちの銀行間取引において売買取引を行なっているのですが、もちろん銀行ではない個人投資家は参加ができませんし、また、仮に参加できたとしても、最低の取引通貨単位が100万通貨単位での取引が行われている市場であるために、例えばドルを取引するとなった場合には、1ドル100円の相場であったらば1億円からの取引となるために、到底参加できるものではないのです。

わたしたちがwww.オーストラリアハイロー.coのようなFXなどで外国為替市場と取引を行う場合には、FXを取り扱っている証券会社やFX取引業者が私たちの注文を取りまとめて数量を大きくし、これをカバー先と呼ばれる銀行などの金融機関に仲介をしてもらって、売買取引をするという形で行われているのです。参考:http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonline

このように、世界中の銀行が参加をしている外国為替市場ですが、証券取引所の株式市場のように、実際の建物や空間があるような市場ではなく、世界中に点在している為替市場がインターネットなどを使ってそれぞれの取引所など連携させて取引を行なっているものになり、これを称して外国為替市場と呼んでいるのです。

こうした特徴から、銀行間取引が行われている外国為替市場は、日本時間の月曜日の早朝から土曜日の早朝までの時間のあいだは、24時間つねにどこかの為替市場で取引が行われているために、世界中のどこからでも為替取引が行えるのです。