銀行間取引市場

 

銀行間取引市場とは、世界中の金融機関や銀行が参加して通貨の売買取引を行なっている為替市場のことになり、その取引量は世界の通貨取引の8割ほどを占めるものとされており、インターバンク市場とも呼ばれています。

こうした銀行と銀行の間での取引と、銀行や企業などが参加する取引の市場を合わせたものが、外国為替市場と呼ばれていますが、実際に取引をされている通貨量の大きさから、多くの場合はこの銀行間取引市場が、実質的な外国為替市場とも言われているのです。

このような銀行間取引市場を含む外国為替市場は、わたしたちが行うことが出来る投資取引である外国為替証拠金取引、いわゆるFXでの投資取引と密接な関わり合いがあります。

FXでは世界中の通貨を投資取引の銘柄にし、これを互いに売買取引することによって、その通貨の為替レートの変動を利用してそこから利益を求めていくと言うことを行なっていきます。

FXでの取引のポイントはこの通貨の為替レートの変動にあり、例えばアメリカの米ドル取引量の多い通貨や流通量の多い通貨などは、銀行間取引市場においても、盛んに取引が行われるものとなっているために、需要と供給の関係からその価格が適正の価格に落ち着きやすく、またその為替の相場レートも安定した動きを見せると言う特徴があります。

イギリスの英ポンドなどの流通量の少ない通貨の場合には、取引が活性化することによってその為替レートの変動が大きく動いていくと言うことにもなり、通貨それぞれの取引に対して、銀行間取引市場で行われている為替の売買取引の状況が密接に関わってくるのです。

こうした銀行間取引市場で行われる取引によって生じる外国為替市場の通貨相場レートの変動は、もちろんFXだけに効果を及ぼすだけではなく、例えば外貨預金や、海外の株式投資、債券取引、または外貨建て投資信託などの利益や損失に大きな影響を及ぼします。

また、為替レートは輸入や輸出などの貿易の際の決済にも大きな影響を与え、例えば円安方向に為替レートが変動をすれば、輸出は製品や商品などが売りやすくなりますが、輸入をするエネルギー資源や農作物などが高くなることによって、輸入側はコストが圧迫することになります。

これとは逆に、円高の場合には輸入は同じ量の金額でより多くの買い物ができるようになるため、輸入の側は仕入れのコストなどを大きく下げることができますが、輸出の側は日本の製品や商品が高い価格になってしまうために、売れなくなってしまうのです。

このように、わたしたちの日々の生活を含め、経済社会の全体に影響を及ぼす外国為替市場のレート変動ですが、それを生み出している用品の一つが、こうした銀行間取引市場で行われている売買取引になるのです。