銀行間取引の仕組み

 

銀行と銀行が大きな金額の取引を行うことを銀行間取引と言い、そうしたものの取引を行っている市場の事を銀行間取引市場、もしくはインターバンク市場と呼んでいます。

このインターバンク市場は、世界の国々や特定の地域内などにて流通をしている通貨を取り扱っている外国為替市場の8割を超える取引を行っており、非常に大きな影響力を持っています。

また、世界中の為替市場がインターネットなどによって互いに連携し行きながら売買取引が行われているために、こうした状況の下で通貨のやり取りを世界中の銀行が一斉に行っているインターバンク市場の動向によっては外国為替市場の動向も変わっていき、これに伴って、わたしたちが行っている資産運用のためなどの投資取引にも、大きな影響を与えるものとなっています。

こうした投資取引の中でも、外国為替市場の、つまりインターバンク市場の動きに対して大きな影響を受けるものの一つにFXでの取引があります。

FXは外国為替証拠金取引と呼ばれるものになり、わたしたちはFXを取り扱っている証券会社や取引業者に取引を行う資金を預ける事によって、その取引業者などが提供する通貨銘柄を選択し、二種類一組になっているその通貨銘柄をお互いに売買取引していきながら利益を上げていくものになります。

このFXの取引では、その取引の仕組みに外国為替市場を利用していますが、その実際の取引の方法の仕組みには二つの異なるものがあります。

この違いは、店頭取引や相対取引とよばれるものと、取引所取引と呼ばれるものの違いになります。
相対取引は国内のFX取引業者に多い仕組みとなっており、取引所取引は海外のFX業者や日本の一部のFX業者でこの方式をFXでの取引に用いている所もあります。

この二つの仕組みの違いは、銀行間取引を直接投資に使っているかどうか、という違いになっており、相対取引では銀行間取引を間接的に投資に利用し、一方の取引所取引では、銀行間取引を直接的に投資に利用をしています。

相対取引は、わたしたち投資家とFX取引業者の間で行われているFXの取引になり、外国為替市場の為替レートなども参考として利用されていますが、基本的にはFX業者の決めた為替レートなどを使って投資取引を行い、わたしたちが利益を出せば取引業者が損失をこうむり、わたしたちが損失を出せば取引業者に利益が入る形となっています。

これに対し、取引所取引で行われるFXでは、FX業者はわたしたち投資家が行った注文を取りまとめて、銀行間取引市場に参加しているカバー先と呼ばれる銀行に対して仲介して流すだけという形になっており、実際の銀行間取引の行われている外国為替市場の為替レートの変動を利用して取引を行う仕組みとなっているのです。